原節子は

 婚姻の自由なき国家的女優 原節子 圧倒的な美貌、品格、95歳で亡くなった、裕福な家庭に生まれるが、14歳で女学校を中退し泣く泣く映画女優になるが、高貴な美貌は大衆受けせず人気に火が付かずにいた。ドイツ人監督との出会いによりってスターとなる。日独防共協定の終結を記念する映画として1937年二月に公開され。日本各地で大ヒット。されに翌月ドイツ公開に合わせてナチスの招待で訪独し歓迎され16歳にして外交の最前線に立たされたのだ。日本の美と品格を伝える役割をはたした。ドイツでも大ヒット。日本国民も歓喜した。終戦を迎えると映画はGHQの管理下に置かれた。軍国主義から新しい価値観の模範を示す役割を追われたのだ。そのご皇太妃の誕生から原節子は役目を終え。無名の助監督と恋に落ち、女優をやめて結婚をしようとしたことが一度だけ有った、だが、周囲に引き裂かれ、助監督は会社を追われた、彼女は自分には恋をする自由はないと、このとき悟る。原節子は生涯独身で終えた。選択誌

発展にと迷う

心の貧しさと経済の発展は比例されない、協力が必要な、コロナワクチンの未知の世界にいどむ人類・ワクチン接種の後2~3日腕が痛む、アメリカでは二度打たなければならない

清らかな星に感謝。

日常生活が芸術・ 

伝統・芸術を日常生活に取り入れる、清らか心で、

日常生活が芸術・ 伝統・芸術を日常生活に取り入れる、清らか心で、気付くお正月・幸せを共有できる未来の星・

介護嫁

豊島歩こう会・大748回例会東京の公園を散策・

上板橋~ときわ台駅迄・30人参加者有り・今コロナに世界は激震していますが、女性との会話は。深川で生まれ、戦争で5人家族が数センチの違いで父親と二人が生き残り、東北の母方のお爺さんに育てられて、父親は養育費を送らずにいた、その後東京に嫁ぎ、主人の介護から義理の両親を看取り、今元気で歩こう会に参加、その方の会話に涙される。私達の年齢は中国・韓国生まれの方が多くあり、中国・韓国・に尊敬されていた時代が有りました・今世界はウイルとの戦いです、人とは尊敬と協力し会う事を暗示されているように感じます。高低が多い公園と、晴天と自然に恵まれた、コロナの恐怖を忘れた一日でした。

未知の世界を助会う

豊島歩こう会第1747回例会・

大泉学園~和光市駅迄2万3千歩(45人が参加)世界は広く多くの人が今コロナの為に生活に苦しむ、コロナに負けない科学的予防には適さないけれども。秋の景色の中で歩きながらの、会話は色々と語り合い、その苦しみを分かちあい、共感する事が。血行を良くし、帰宅してからもその想いが心に残る楽しい一日でした。

光エネルギーで水素を作る(人工光合成の研究

水を電気分解すれば、水素と酸素を得ることが可能だ。二酸化炭素排出はない、水素は燃料電池のエネルギー源と、プラシチックを作る事も可能だ。酸化反応や還元反応を起こして、酸素や水素を得る技術だ、大気汚染する事はない。国内大学の共同による、量子集率で水を分解する光触媒の開発に成功したことが発表された。効果率の人口光成が実現すれば、エネルギー事情も一変させる可能性を秘めている(選択)(修正有り)

発電設備が必要になる為に完全でないが。

コロナと政治

コロナが問う国家の正統性。人間の一生は孤独で、貧しく、意地悪く、残忍で、常にいがみ合い、常に争い戦っている。その国の安全と平和は正統性のある政府が必要なのであるとトウマスが訴えていた。世界は国家体制の統治を試されている。それはコロナ危機前から始まっていた。東アジアのシンガポールその他の国は新しい政府のモデルを作りあげた。日本は経済だけが、きせき的に発展した。未知のコロナ危機は政府の競争力の戦いであり、政府は国民の安全と健康の為に科学と技術をどこまで使いこなせるかが、政府は国民の約束をどこまで守るかの競争戦いである((修正有り)(選択)

人間に与えられた課題

人の性格は病気でないから 直らないのではないかと思う。その薬は神様も与えられない。それには相手の話を聞き入れる、心を読む力を養うことで、それで自身に気付き、他人の心を理解しる事はお人よしでなくて、熱い想いが自他共に幸せを共有できるを。私の修行と考えている。