推奨するキラク治療院は繁盛する・

アイスノンで頭を冷やすことによって、脳の働きが活発になる効果があると言われています。人間にとって脳はコンピューターの役割をしていますので、例えば勉強や頭を使う仕事、考え事などをしていると、自然と熱が上がってしまうそうです。

そんなときにアイスノンで頭を冷やしてあげると、暖まってしまった脳を冷やすことができ、同時に脳のエネルギー源となる糖分を補給することで、さらに脳がリフレッシュされ集中力もUPするといいます。

また、アイスノンを使うことで血液も冷やされますので、特に体温が上がりやすい夏の時期に使用することで血液も冷え、体全体に冷えた血液が巡ることから体温が下がる=快適に過ごすことができるそうです。

見えない小さな心

人間は科学技術・芸術・信仰・

人は生きる能力を駆使生きていくが

ウイルスや自身が見ることができない小さな心が。人類滅亡の危機に人は苦しむ

疫病地獄

インド情勢 インドは独立後最大の経済危機を迎えている。病気で死ぬか飢えでえ死ぬか損失は深い。

一億二千万人以上が職を失った。取材から140円か持っていなかった・政府は餓死を認めない為に正確な数は分からないが。多くの労働者が帰省し感染源となる、政府は弱者の経済的影響を配慮がない、終わりが見えない疫病地獄だ・修正有り・選択

コロナワクチン競争とサイバー戦激化・

コロナウイルスは地域を変えながら世界に広げ続けているワクチンの特許を獲得競争の為に他国からのサイバーが攻撃を狙うと警告を鳴らしている、ワクチン開発のデータを破壊し、世界はサイバー戦争になっている。偽情報と、フェイクニュスや、闇ウエーブでは偽ワクチン販売もあり、競争が激しさを増す(選択)修正有り・添付:今野和江

大石村

* 大石村は三重県松坂市より15キロほどの田川と山間部箱庭のような県立香肌侠に位置した、昭和初期から谷口春郷のアトリエが有りました。田中豊美 他数人が画家を志し苦学の末地位を築きました。その環境から私は幼い頃から絵に関心がありました。私の故郷と画家の想い等を伝え、その仲間と幸せな社会を語り会い、多くの方の集い20年開設していす *桃山時代 蒲生(ガモウリウジシ)氏(うじ)郷(さと)が松阪を設立。その後会津は蒲生(ガモウリウジシ)氏(うじ)郷(さと)が設立した・松阪は 竹川竹斉 国分豪商三井家の生まれ 本居宣長 小津 長谷川 長井 著名人有り* 大石宿の衰退(猪鹿猿町)大石村は、紀州藩により和歌山街道の宿場町として整備され、本陣・伝馬所等が置かれた。本陣は、紀州藩地士の青木伝蔵家に置かれていた。青木家は、中出の集落にあり、今もその跡地には俗に「ほんじ」と呼ばれている。また、本陣の近くには伝馬所が置かれ、村には伝馬30頭と伝馬役30軒の義務が課せられた。 しかし、延享2年(1745)以降、和歌山街道は藩主の参勤交代路に使われなくなったため、大石宿は次第に荒廃の一途をたどった。また、寛政末期(1800年頃)に起こった伝馬所と村民との争いは、大石宿の衰退に拍車をかける一因にもなった。

オリンピック開催は?

東京五輪は無理?大会組織委員会もその見通しは暗い。国際大会の開催予定さえ見通せない。トレーニングはアスリートの筋肉低下を遅らせる程度の意味しかない。海外の関係者は早くから中止を要望したのは、パラリンピック選手は健常者よりも感染のリスクが高い可能性があると言及されている。第二波の予測は難しく。中止は早い程損失は抑えられる。選手村は八人が寝起きする想定になっており。開催に固執しているのは政治家や電通など限られた勢力だけではないか(選択)修正有り・