デジタル軍縮が必要な時代。

デジタル軍縮協定が必要な時代。米国をはじめ主要国のインフラ攻撃はますます激しさを増している。米国の国家安全保障局は目に見えない巨大なバックチャンネルを構築していたが、その秘密が何者かに探知され、逆用され米国自身が攻撃を受けるようになった。ロシアはウクライナを破錠状態にするために電力網

にサイバ-攻撃を仕掛け、2日間停電させた。中国・ロシア・イラン等サイバー犯罪者がいる限り署名は考えにくいが解決の方法は無いのか(サイバーセキュリティ専門記者)